トップページへ>結婚:お祝いの品
2006年09月12日
 ■  結婚:お祝いの品

学くん
学くん>近藤先輩!結婚する友人の結婚へのお祝いをどうすればよいか悩んでるんです。どうするのがよいかぜひアドバイスをください!

近藤先輩
近藤先輩>お祝いの品やご祝儀は結婚を祝う気持ちを表すものなんだけど、喜ばれるためにいくつかアドバイスするね!
詳しくまとめてみたから参考にしてみて。

・喜ばれるお祝い品
・予算が小額の場合
・贈ってはいけない物
・お祝い品


喜ばれるお祝い品
相手の好みに合わせて品を選ぶことができればよいのですが、わからないことも多いと思います。

食器や衣類などは好みが別れる場合がありますので、タオルやお鍋など、生活での利用頻度が高い物は喜ばれるのではないでしょうか。何すればよいか検討がつかない場合には商品券やギフト券もおすすめです。

お祝い品は一週間前までに持参するのがマナーですが、メッセージを添えて郵送するのもOKです。


予算が小額の場合
お祝い品への予算が少ない場合などは、友人や会社の同僚と予算を合わせて贈るのはどうでしょうか。数人の予算を合わせれば相応の物を贈ることができ、相手にもよろこばれるでしょう。

贈ってはいけない物
お祝いの品では縁起を担いで贈ってはいけないとされている物がいくつかあります。
例としては、ハサミ、刃物、ガラス製品です。割れる、壊れる、切れるといった言葉を連想するものは避ける必要があります。

贈る品の数にも注意が必要です。4は死、13はキリスト教のタブーの数字、また古くから偶数は縁起が悪いとされているため、3,5,7などの数にするとよいでしょう。ペアやダースなどは例外で一組と考えられるのでお祝いの品でもOKです。

学くん
学くん>友人は昔からゲームが好きだったからゲームソフトを二本贈ろうと思ってただけど、近藤先輩のアドバイスを先に聞いててよかった!偶数はよくないんですね。

近藤先輩
近藤先輩>ゲーム・・・。偶数の問題よりも、根本的に間違ってるような気がする・・・。

投稿者 渡邉@管理人 : 2006年09月12日 23:33

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ranking5.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/45

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

冠婚葬祭マナー、ビジネスマナー、テーブルマナーなど、マナーについて知りたい時ときには「社会人マナー講座」で調べてみよう!