トップページへ>時候の挨拶(5月、6月、7月)
2006年11月20日
 ■  時候の挨拶(5月、6月、7月)

手紙の書き方として、5月、6月、7月における時候の挨拶文例を紹介しております。冬を反映した社会人にふさわしい手紙を書いてみてください。

近藤先輩
近藤先輩>手紙を書く際に便利な時候の挨拶をまとめて掲載しております。手紙やビジネス文書にお使いください。

時候の挨拶文例について掲載しております。

5月時候の挨拶文例
皐月
新緑の候(の折、のみぎり、の季節)
薫風の候(の折、のみぎり、の季節)
晩春の候(の折、のみぎり、の季節)

若葉に風薫るころとなりました
目に青葉の好季節ろなりました
新緑もえる季節を迎え


6月時候の挨拶文例
水無月
初夏の候(の折、のみぎり、の季節)
梅雨の候(の折、のみぎり、の季節)
向暑の候(の折、のみぎり、の季節)

いつのまにか夏めいてまいりましたが
紫陽花の花がさみだれに濡れ、日ごとに紫の深まるこの頃
さわやかな初夏の頃となりました


7月時候の挨拶文例
文月
盛夏の候(の折、のみぎり、の季節)
炎暑の候(の折、のみぎり、の季節)
酷暑の候(の折、のみぎり、の季節)

草も木も生気を失うような暑さですが
暑さ厳しき折から
梅雨があけ猛暑の続く今日このごろですが

投稿者 渡邉@管理人 : 2006年11月20日 21:57

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ranking5.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/112

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

冠婚葬祭マナー、ビジネスマナー、テーブルマナーなど、マナーについて知りたい時ときには「社会人マナー講座」で調べてみよう!